チェコスロヴァキア ボヘミアガラスの小物入れ 2人の女神 ウランガラス

型番 2_180
販売価格 15,000円(税込16,200円)
在庫数 1
購入数


紫外線が当たると蛍光に発色するウランガラスで作られた小物入れです。
暗闇でもブラックライトをあてると美しく光るのがウランガラスの特徴ですが
こちらの小物入れは発色が強いため紫外線の多い自然光でもぼんやりと光って見えます。
ガラスにウランを混ぜることで作られた美しい透明な緑や黄色のガラスは1830年代に誕生し、
ウランが原子力に利用されるようになる1940年代までの間、ヨーロッパや米国でたくさんの製品が作られました。
現在では民間でウランを取り扱うことが難しいため、ごく少量が生産されているのみとなっていますが
それゆえヴィンテージアイテムとして非常に人気があります。
※ごく微量のウランですので、人体に悪影響は全くありません。

チェドックの通販サイト内でウランガラス・アレキサンドライトガラスを集めたページはこちら★

2人の女の人が描かれた優美なデザインのこの小物入れは、
型に溶かしたガラスを流し込み圧をかけて成型するプレスガラスという手法で作られています。
1925年に開催されたパリ万博でルネ・ラリックが成功を収めたことにより、
美術品としてのプレスガラスがボヘミア地方でもたくさん作られるようになりました。
1930年代にかけてアールデコ様式の置物や小物入れ、香水瓶が数多く発表され
1937年のパリ万博ではグランプリを受賞し世界的に評価されたボヘミア地方のプレスガラスですが
残念ながら第二次世界大戦の影響と戦後共産主義になり全ての会社がが国営化されたことで一時衰退します。
そして新しい共産主義体制のもとでの制作体制が整った1960年代よりまた製造が再開されます。

こちらの小物入れは、写真では分かりにくいのですが、フタには2人の女性が、下部にはぐるりと3人の女性が描かれています。
1932年にフランチシェク・パゾウレックがデザインした形を共産主義時代に復刻したものだと思われます。
薄紙に包まれた状態で長年倉庫で眠っていたデッドストックを買い付けておりますが、
古いものですので、経年による汚れや傷みが多少ございます。
またプレスガラスならではのシワやムラ、気泡がございますが、味としてお楽しみください。

サイズ:約 直径9.3cm×高さ5.5cm

チェドックザッカストア

CEDOKzakkastore チェドックザッカストアは東京、浅草にあるチェコ絵本、チェコ雑貨、チェコの家具、東欧雑貨のお店です。併設する2つのギャラリーでは様々なイベントを企画しています。

東京、浅草・蔵前エリアに実店舗があります。実店舗のサイトはこちら www.cedok.org

東京都台東区駒形1-7-12
店への道順を確認する
チェコ絵本・デザイン本の通販
チェコ絵本のネットショップ

チェコ絵本・チェコ雑貨・チェコの家具、ドイツ・東欧雑貨CEDOKzakkastore チェドックザッカストア
Top