ポーランド・ヤノフ村の織物 22×21 茶色とベージュの幾何学模様

型番 J0212_778
SOLD OUT

ポーランド北東部の小さな村、ヤノフ村の伝統的な織物です。
18世紀から村の女性達が代々受け継いできたこの二重織りの織物は、今も羊毛を洗い糸車で糸を紡いで、手織りで織って作られています。
モチーフには、ポーランドの森の動物達や、伝統的な花や木々、やさしく素朴な村の生活が生き生きと描かれています。

途方も無い時間をかけてつくる織物には手仕事の魅力と温かみがたっぷり詰まっていますが、残念ながら現在この織物を織ることができる人は数える程しかいません。
こちらの織物を織ってくださったのは、そのうちの一人、カロリナ・ラドゥルスカさん。
ダヌータ・ラドゥルスカさんの息子さんのお嫁さんで、ダヌータさんから織物を教わったそうです。
ダヌータさんと同じ糸を使い、彼女から手取り足取り織り方を教わったカロリナさんの織物を見ていると、こうやって伝統は引き継がれていくのだと感じます。

こちらの織物は、小さ目のタペストリーとして、マットとして、鍋敷きとして、色んな飾り方・使い方ができるサイズです。
お花や置物などとも相性◎です。

新品ですが、手織りの織物ですので多少の歪みなどはございます。
また二重織りは、表裏2面に縦糸をはり、横糸を交替で織って作られた複雑な織物です。
写真ではこの微妙な色合いが再現できていないと思いますが、ご了承くださいませ。
縦糸には生成りと茶色、横糸には生成りとカーキ色、ベージュ色の糸が使われています。

二重織りの織物ですので、裏面も非常に美しいです。
厚みが多少ありますが、押しピンで両端を留めて壁に飾ることができます。

サイズ:約 縦20cm×横21cm(フリンジは含まず)

チェドックザッカストア

CEDOKzakkastore チェドックザッカストアは東京、浅草にあるチェコ絵本、チェコ雑貨、チェコの家具、東欧雑貨のお店です。併設する2つのギャラリーでは様々なイベントを企画しています。

東京、浅草・蔵前エリアに実店舗があります。実店舗のサイトはこちら www.cedok.org

東京都台東区駒形1-7-12
店への道順を確認する
チェコ絵本・デザイン本の通販
チェコ絵本のネットショップ

チェコ絵本・チェコ雑貨・チェコの家具、ドイツ・東欧雑貨CEDOKzakkastore チェドックザッカストア
Top